髪に栄養を与えるにはまずタンパク質を補給しましょう。

白髪を減らす食べ物

年とともに増えてくる白髪を見て、こればかりはしょうがないと諦めている方も多いですよね。
確かに年齢を止めることは出来ませんし、それにより生えてくる白髪も、言わば誰もが経験する自然現象です。
しかし普段の食生活を見直せば、白髪を減らすことも可能であるという事実は、皆さんご存知でしょうか?
そこで今回は、白髪を減らす食べ物について詳しくご紹介します!

 

白髪と食事の関係

実際に白髪を減らす食べ物について見ていく前に、まずはこの両者の関係を見ていきましょう。
白髪とは簡単に言うと、「色素が抜けた髪の毛」のことを指します。
髪の毛の色素になるのがメラノサイトと呼ばれる細胞なのですが、言うまでもなく体の中にある細胞を活性化させるためには、きちんとした栄養を摂ることが大切。意外と白髪と食事との繋がりを軽視しがちですが、実は老化以上に食事は白髪を作る原因となり得るのです。

 

 

白髪を減らす食べ物その1:お肉

ステーキ肉

白髪を減らすために最も効果的な栄養素は、ずばり「タンパク質」です!
タンパク質は、骨や筋肉の生成に関わる栄養素であるように、私達の体を作る上では欠かせないもの。
もちろんこの二つ以外にも、歯や血液など体のあらゆる器官を構成するものなので、髪の形成にも大いに関わっていることは、容易に想像出来ますよね。

 

そんなタンパク質が豊富に含まれている食べ物と言ったら、やはりお肉です。
お肉=脂質というイメージを持つ方もいますが、それは大きな間違い!
お肉を食べたからと言って、それがそのまま全部脂肪に変わるわけではありません。
ですので、豊富にタンパク質を摂取出来るお肉は、普段の生活で意識して取り入れるようにしてください。

 

お肉には、丈夫な髪を作る上では欠かせない「亜鉛」も豊富に含まれているので、この点からも白髪を減らす食べ物としては最も効果的です。
お肉自体が苦手という方は、代わりに大豆いわし等のお魚牛乳などの乳製品を食べるようにしましょう。

 

白髪を減らす食べ物その2:いも類

白髪を減らす上では、ビタミン類も見逃せません。
特に抗酸化作用があるビタミンCとEは、ストレスによるあらゆる影響を緩和してくれるので、白髪を防ぐには非常に効果的と言えます。
ビタミンと言うと野菜や果物を思い浮かべがちですが、もちろんこれらにも豊富に含まれているものの、出来れば白髪対策のためには体を冷やさない食べ物の方がベスト。
その点ジャガイモなどのいも類は、体を冷やさず、さらにはデンプンによって熱にも溶けにくいため、効率的に体の中にビタミンを取り入れることが出来ます

 

 

白髪を減らすには「タンパク質」と「ビタミン」がとても大切ですが、髪に栄養を与えるためにはこの二つだけに限らず、ミネラル、食物繊維、脂質などのいわゆる"五大栄養素"を満遍なく取り入れる必要があります。
体を健康に保つことこそが、白髪を減らすための第一歩です。
ぜひ皆さんも意識して毎日の食事をより健康的なものへと変えていきましょう!