食事の偏りや運動不足は白髪の増える原因になります。

白髪を増やす生活習慣

白髪が増える原因は、加齢だけではなく生活習慣にもあると前回までの記事でご紹介しましたよね。
では具体的に、白髪を増やす生活習慣とはどのようなものがあるでしょうか?
第五回目の今回は、全ての年代に共通する生活習慣の乱れにスポットを当て、詳しくご紹介します。

 

 

食事の偏り

白髪を増やす原因を語る上で、「食事」を抜きにすることは決して出来ないほど両者の関係は非常に強固なもの。
あまり意識されませんが、髪も体の一部ですので常に栄養素を必要としています。
髪を健康にするには、まずはバランスの取れた食事を心がけることが何よりも大事です!肉中心の食事は出来るだけ避け、野菜もしっかりと食べるようにしましょう。
また、ファストフードやコンビニ弁当などを食べる頻度も見直すことが大切になります。カロリーが少ないからと言って、ダイエット用の食事やサプリメントにばかり頼ることも避けてくださいね。

 

 

運動不足

これまでの記事でも述べた通り、白髪を防ぐまたは改善するには、頭部の血のめぐりを良くする必要があります
そのためには「運動」することが一番効果的なのですが、現代人は特に運動不足が深刻化していますよね。
確かに交通技術が発達して、近くの場所でも車で移動することが出来ますし、通信技術の発達によりわざわざお店に出向かなくても、自宅で簡単に全ての買い物を済ませることも可能なのは事実。

 

運動する機会自体が減ってしまうのは現実問題としてありますが、だからこそ毎日意識して体を動かすことが非常に大事です!
ジムでがっつり体を動かすことももちろん良いですが、例えばエスカレーターでは階段を使う、近くに移動するなら徒歩で移動するなど、些細なことからでも良いので体を使ってみましょう。

 

 

紫外線

紫外線のイメージ

生活習慣の乱れではありませんが、普段の生活習慣に大きく関わる「紫外線」。
外に出る機会がある人なら無条件に紫外線を浴びることになりますが、実は何も対策せずに外出することは非常に危険なんです!

 

紫外線を浴びるということは、言わば日焼けをするということですが、頭は体の中でも一番高い位置にある分、体のどこよりも紫外線を浴びることになってしまいます。
また皮膚も弱いため、ちょっとの紫外線でもすぐにダメージになってしまうのですね。
ダメージを受けた頭皮は、髪の色素となる細胞メラノサイトを十分に働かせることが出来ません。
その結果色素が作られなくなり、白髪となってしまいます。

 

頭部の日焼け対策はなかなか難しいですが、日傘をさしたり帽子を被るなどして、出来るだけ紫外線から頭皮を守ってあげましょう。また髪自体にもダメージがいかないように、髪専用の日焼け止めを塗ってあげることも◎です。

 

 

白髪を増やす生活習慣について、「食事」「運動」そして「紫外線」の三つに焦点を当て、詳しくご紹介してみました。
白髪が出来ることを防ぐことも大事ですが、白髪が出来てしまった後も、これ以上増えないよう対策することも諦めてはいけません。今回ご紹介した三つの生活習慣を意識して改善すれば、きっと白髪の量も大分改善されるはずです!