白髪を抜いたら増えるというウワサは大きな間違いです。

白髪は抜いたらどうなる?

出来てしまった白髪、皆さんはどのように対処されますか?
白髪染めで目立たなくしたり、ウィッグを付けたりなど様々ですが、中でも「抜いてしまう」という方は意外に多いですよね。
確かに白髪を抜いたら一時は目立たなくなるものの、抜いた後の頭皮や髪の毛の状態が気になるところ。
そこで今回は、白髪を抜いたらどうなる?と題して、詳しくご紹介していきます!

 

 

白髪を抜いたら増える?

白髪に悩む女性

白髪を抜くと余計に増える、なんてことをよく聞きますが、実はあれ大きな間違いなんです!
通常私達の頭皮は、毛穴一つにつき約2〜4本の髪の毛が生えています。
その内の一つが白髪になると、当然他の髪の毛も同時に白髪となりますが、普通の人はその状態を見て「白髪を抜いたら余計に増えた」と思ってしまうのですね。

 

メラノサイトが上手く生成されず、髪の毛の色素が出来ない状態に陥ることは、一つの毛穴から生えている髪の毛全体に影響するものの、一本抜いたからといってそれが周りにも影響するわけではありません。

 

 

白髪を抜くことの影響は?

そう言われると「白髪を抜いても大丈夫なんだ!」と思われる方も多いですが、だからと言って白髪を抜いて良いことにはなりません。

 

髪の毛のうねりに繋がる

白髪を抜くということは、強い力で毛穴から引き抜くことですよね。
強い力が加われば当然頭皮にダメージを与えてしまいますし、その衝撃により毛穴自体の形が歪んでしまった、なんてことも。
毛穴が歪んでしまうと、そこから生えてくる髪の毛も歪んでしまうため、遠目から見たら特に直毛の方にとっては不自然なうねりとなって見えてしまいます。

 

 

髪の毛が生えてこなくなる

気になるからと何回も白髪を抜いていると、毛穴や毛根が傷ついてしまうため、髪の毛自体が生えてこなくなることにも繋がります。髪の毛が生えてこなくなるまで何回も抜くという方はそれほどいないと思いますが、加齢によって白髪を気にされている方は、髪の毛のボリューム等の悩みも同時に抱える場合が多いですよね。
ボリュームがない上に髪の毛が生えてこなくなると、さらに頭皮への悩みに繋がってしまいますので、出来るだけ白髪を抜くことは避けてください。

 

 

どうやって対処すれば良い?

基本的には白髪を染める、ウィッグを付けるなど髪の毛に負担をかけないやり方で白髪対策することをおすすめしますが、これら以外のやり方で白髪を目立たなくしたい!という場合は、白髪を抜くのではなく切るようにしましょう。

 

切ることは毛穴や毛根を傷つけることに繋がらないため、前述したような髪への弊害を防ぐことが出来ます。
ですが、頭のてっぺんや後ろなどの白髪を切るのは危ないので、顔周りなど鏡で確認出来る範囲で行うようにしてくださいね。

 

 

以上白髪を抜いた後の問題、そして白髪を抜かずに対処する方法の二点について、ご紹介してみました。
白髪を抜いたら増えるという事実は科学的には認められていませんが、抜いたことによる弊害があることは事実です。
気になるからと抜いてしまう前に、まずはこれらの弊害をよく考えて、その上で白髪対策を行うよう心がけましょう!